2,003年12 月

2,004年1月

2,004年2月

2,004年3月

2,004年4月

2,004年5月

2,004年6月

2,004年7月

 2,004年 11月 5日(金)
  直属の自分を担当してくれている課長が一番偉い部長から「A級戦犯」と罵れて元気がない。事の発端は設備にお金を掛け過ぎて居る事と休んでいる機械が多い事。担当の課長は温厚な人で顔にも雰囲気が現れている皆から尊敬され、課長になった人だと思う。一方叱咤した部長は年も若く、色々な事を蹴散らして来た人で対照的な組み合わせだった。何か急に理不尽に怒られているようで自分も気分が悪かったが、サラリーマンはこう云う時辛い。そう思うと自分はお気楽...会社を思い、朝から晩まで仕事をしている課長に一寸無礼過ぎやしないかいと思って仕舞った。大して言い訳する人でもないので言われ放しだったのだと思う。早速緊急で自分の部署で対策会議が開かれた。普段は自分は此の様な内部的な物は参加させて貰えないが、猫の手も借りたい状態なのか一緒に遣る事に成った。
 VE:Value Engineering(バリューエンジニアリング)と言って自分も始めて聞いて勉強になったが、其の物の価値があるのか、どうやったら安く簡単に仕上げる事が出来るのかを洗いざらうものだった。問題の携帯電話のカメラレンズの組み立て機は一つの機械で1000万円以上するが、その改造で400万掛かると言う。業者に其の儘委託する事が多いので、業者さんがぼったくっている可能性は十分にあった。しかし、機種が多過ぎて次々に展開が早いので自分で遣っている暇は無かったと思うのだが、それは言えない。自分がこんな事を言ったら難かもしれないが、種類が少なくしてて同じ様なもの、同じ様な設計から出来ていたら改造も要らないのになぁと思って仕舞った。でも、遣るしか無い、残された期限と報告まで一週間、部署に一致団結感が拡がり、自分も何時もお世話に成っている人なので出来る限り協力したい。
 夜には空手道の稽古があった。コーヒーを普通以上に飲むと当たり前だが汗の量が多い、だから無駄な労力と動きが多い。館長にあるお酒の写真を撮って貰った。自分のトップ頁に載せたい、アップするのが楽しみ。
 佐久間さんミドリちゃんのホームページの29万カウントをゲットして、印刷して持って来ており凄い嬉しそうだった。それにしても凄い加速振り、そんな更新数の人は、自分のホームページから見ると雲の上の人達であり、自分の目標は取り敢えず、一万カウント。
 最後に遣った稽古がフワフワして気持ちが良かった。メビウスの球は攻撃だけにあらず、防御も動き方もメビウスに近付いて行けば、理想的なのだと思った。

 2,004年 11月 4日(木)
 今日は 秋でも随分と暑い。此の様な日の次の日は冷えが一層増すとニュースで言っていた。此だけ気温差が有ると体調を崩す人が沢山居る。会社でも両隣の人はゲホゲホ咳き込んでいる。
 昨日の麒麟会で寝不足だったが、色々と用事を頼まれ、昼休みに昼寝する暇も無く一日が終わって仕舞った。夜から骨法の講義があり、聖士會館本部に行った。最近は此処に居る時間が長い気がする。首の方まで今日は進んだ。矢張り見立てが難しい。館長はピンポイントで患部を当て、調整する。御陰で目の前が明るくなって気持ちが良い。それにしても自分の身体はボロボロだった。この原因は矢張り飲みすぎ、一寸注意しよう。

 2,004年 11月 3日(水)
 今日は休み、寝まくって寝溜めをして仕舞った。それでも眠くてパソコンの前に居ながら、そして、テレビでサッカーのPKを見ながら又寝てしまった。延々に寝られて仕舞う...
 夜から特別講座が本部であり、御邪魔した。異空間のような本部は風邪の人も楽になるし、居るだけで気持ちいい。今回の講座も気持ちがスッと落ち着く。其の後の麒麟会も 楽しく、最高でついつい飲みすぎて仕舞う。仲間が居ると飲み会も楽しさが加速する。話題は館長を中心に尽きないが、関西弁の話は楽しかった。楠美さん一家は未だに訛り(大阪弁)が取れないが、田舎者だからとか色々と原因付けをして面白かった。豊橋の言葉は端節が弱冠違うが 、東京の標準語に似ている。戦国時代の武将が此処を中心に栄えていたように東京弁と呼ばれる標準語はこの辺の言葉が発祥なのである。そんな事は何も知らずに東京は標準語と言っているから歴史を見てみると面白い。自分の喋っていた言葉の東北弁は欄外であるが、あの言葉も面白くて寒いので口 があまり開かない。だから、言葉自体がぶっきらぼうで単発に短い。東北弁でも場所に依ってかなり違うが、東北弁を中央の人が真似しても、何か 首筋がむず痒くなって聞いていても何かが違う。ほんの少しの違いなのだろうが、其れを認識できると言うのは其の人の地のベースが地元に有るからだと勉強になる。

2,004年 11月 2日(火)
 鎖骨の骨折の痛みは殆ど無く、正拳突きをやっても大丈夫なようになった。やす子美容室の住人の増田の部屋服部の部屋が開設した。毎日の更新を頑張って欲しい物だ。
 最近のもえちゃんは犬歩きの時に馬替わりにその犬に跨る。必ずぷりんさんに注意されて辞めるが、本人曰く、ある種の補強運動らしい。もえちゃん自信もバランスの練習らしく、その特訓に佐久間さんと僕は 付き合わされる。最初は『このイタズラ小僧め!!』と仕方無しで、一周も出来ずにはぁはぁだったが、今は道場3周をこなせるようになった。もえちゃんなりに色々考えているのである。
 稽古の終盤は、捌き崩しの新たな展開。溜め、決めの決めが『極め(きめ)』に変わったというのは、武道性を進化する意味でもあった。館長が突きを捌くと捌かれた腕は肩→肘→手首→掌→指と云う具合にメビウスを描きながら自然に極まって行く。空手道流の 天秤と呼ばれる一本背負いも嵌れば必ず腕が折れる。こんな理論というのは、目茶面白いし感動して仕舞う。武道性が高いと云う意味は相手を立てないようにするという事なのだから究極的なのかもしれない。
 携帯ストラップの先にクリップが着いているが、僕は道場の電話掛けにクリップで挟むようにして掛けていた。其れを見て館長は「其の下の輪に掛ければ良いだろう。」とご指摘戴いた。確かにそうだし、些細な事だが物が見えていないという事なのだ。気付きや気遣いと云うのはそんな注意深さ、物の感じ方、発展しては常日頃の心の管理から生まれる物だと思った。

 2,004年 11月 1日(月)
 今日は本部で朝を迎えたが起きたら7時10分!焦りまくって一度アパートに帰るつもりが、直接本部から出勤した。着替えは持って居たが私服が寝巻しかない。会社に早く着いたので寝巻の儘、ブラジル人のワーカーに紛れ込んでロッカーに向かった。あまりにも不謹慎で同僚や上司にはあまり見せられないが、何とかロッカーまで着いた。しかし、紛れ込んで居てもあまり、違和感は無いな...
 昨日の余韻を感じながらも鎖骨付近の回復に驚いた。骨はビールを飲んだけど腫れずに済んだ。会社に居る間も第3の目について考えた居た。そんな能力を授かったのなら駄目にしたくないとも思った。
 帰ってから消防の定例会に久し振りに出席した。仲間が新潟や岐阜の災害について真面目に考えているのを見ると自分も目をもっと向けるべきだし、同じ様な考え方をして居て嬉しくなる。この前の台風の時も彼らは川の増水に備えて詰め所で待機して居た。飲み会やギャンブルばかりで無く、そんな真面目な所は好きだし、少しでも協力しようと思った。

 2,004年 10月 31日(日)
  ラグビーの試合で名古屋にて試合があった。今日の試合は作戦が嵌ったのか、皆のモチベーションは高く、良い結果が得られた。しかし、試合が終わって車で帰って居る時に目が醒めたらやたらと左鎖骨付近が痛かった。
 お風呂に入って急いで神霊学研究会の特別講座があったので聖士會館本部に向かった。館長に御願いして聖士會館湿布を分けて戴いた。此の後が神霊治療の講座で楠美さんとペアを組ませて貰った。目を瞑っても掌からのもやもやと熱気が出てくるのが分かり、鎖骨の痛みは取れて仕舞った。後から館長に聞いたら
左胸椎1番が折れているらしかった。確かに柔らかい感触があり腫れていた。完璧なる断食をして居た楠美さんから出る光に因って折れている骨がくっ付いて仕舞ったのだと思われる。此処では奇跡がいとも簡単にも起きて仕舞う。ラグビーの試合後に神霊治療があった事、楠美さんに分けて戴いた光に依って治して戴いた事に感謝したい。自分は邪食が祟ってか駄目だった様な気がする...
 其の後の麒麟会は非常に盛り上がった。後半に館長のお気楽音頭も炸裂して楽しい時間はあっと言う間過ぎた。麒麟会の話の中で天候操作遣り過ぎの話があった。確かに天候操作は便利であるが、自分の所は良くても他の所にしわ寄せが行く。そう言う事は自分の都合であり、我が儘ではないのか?と言う事だった。本当に其の通りだと思う。豊橋には確かに台風は上陸をせずに交わすようにして通り過ぎて仕舞う。でもそれは個人の我が儘から発生している事なら其れは其れで運命だと思って受ければ良いと思う。天候操作は一生に一回のつもりで気軽に出来るものでもないなと思った。

 2,004年 10月 30日(土)
 生憎の雨の日、新潟は少しずつ地震が納まって来て良かった。
 午後からスーパーに出掛けたら、野菜の高騰に驚いてしまった。大根が一本300円、レタスなんて350円、此では飲食店の人でサラダや野菜炒めを出し続けたら大赤字に成って仕舞う。丸中食堂の女将さんも頑張っているのだろうな思った。夕方にやす子美容室のやす子さんに会いに行って、仕事が終わって2人で美容室の中で一杯遣った。矢張りビールは一人で飲むより遙かに美味しい。やす子さんには帰りにカレーを貰い、そして隣の人が畑で作っているという大根を貰って仕舞った。こういう時、自給自足の生活をして居る人は強い。
 夜から聖士會館本部では麒麟会で行きたかったが、やす子美容室の住人、増田君がホームページの作成の為にアパートに寄ってくれるので待っていた。バイトが終わって雨の中、増田君には御苦労だった。アップの仕方とリンクの仕方を教えたので近日アップする筈だ。
 自分の日記をブログに替えようと思うが、プロフィールの所で文頭を一文字空けて書き込み、アップすると勝手に左詰めにされてしまう。そう言えば、昼に空手道の稽古生の健司君と紫尾田さんの結婚式の電報を打った際も、確認の為に「文頭に一文字空いてますか?」と尋ねたら、普通は空いていないらしい。一文字空けるの意味すらオペレータの人は最初分からなかったし、付け加える様に言わないと公の場で公開されるかもしれない文章も一文字空けない場合が多いと言う。NTTの横柄な電話の態度にも頭に来たが、文節の頭を一文字空けないのが通説になっているなんてどうかしていると最近は思える。

 2,004年 10月 29日(金)
 今日は、館長が豊橋に帰って来られ、演武の話や東京の方々の自由組み手の話を聞いて驚きと興奮の空手の稽古の日だった。矢張り、天才もえ!ちゃんの話しは興味津々で聞いてしまう。中心力や中心軸の全くぶれない上段回し蹴り、館長も絶賛で美技だと 言っていた。身体のバランスが良いから中心力がぶれないし、身体が柔軟でスピードが有り、自由に蹴りを同足で五連発も可能にするなんて凄すぎる。東京お嬢さんチームは何もかもが想像を絶していて、ミドリちゃんをはじめ他の方々もさぞ華麗なのであろう。
 華麗と言えば、館長の演武の話しも驚嘆してしまう。中心力、集中力、浸透力、呼吸からタイミングに至るまで 、全てが揃えば丼も割れてしまう、それも裏拳で…自分には、想像を超えた世界であるし、昔の館長は折れにくい数本のバットも 回し蹴りでポキポキだったらしい。達人と言うのは、普通の考える域を越している人なのだから達っした人、達人なのだろう。中心力の話をしながら館長は最後にこう仰った。「肉体的な物より、目に見えない物に本筋が有り、それが見えるように成れば全てが拡がる。」自分には未ださっぱりだが、長い時間を掛けて少しでも見えれば、 そして分かれば良いなと思える。

 2,004年 10月 28日(木)
 館長ミドリちゃんの日記を読んで秋田や東京での出来事は凄い事だらけだ。それにしても館長の空手道の演武と言うのも一度拝見させて貰いたい物だ。矢張り、人間離れしていると言おうか兎に角凄い!! 想像を遙かに超えている…
 天才もえ!ちゃんの自由組み手での上段回し蹴りについても館長の日記に書かれていた。毎日稽古されている東京の方々だからこそ出来る技、上達度合いなのかもしれない…
 今度、館長に色々な話しを聞くのが楽しみだ。

 2,004年 10月 27日(水)
 仕事を早く上がり、楠美明男さん佐久間さん一楽飯店に行ってきた。佐久間さんが言うようにこんな落ち着いた感覚、そして心が弾むというのは、こう云う時だろう。何時も聖士會館を通して集まっているメンバーだが、こうして集まるのも妙な感じで行事毎に集まっているので久し振りといった感じにはならないが、とても楽しい時間を過ごした。
 色々な事を話していたらストレスが全く無くなった。今日は良く寝られそうだ…

 2,004年 10月 26日(火)
 今日は空手の稽古だったが、館長は出張で居られないので早めに上がる事に成った。捌き、崩しを自分達で考えながら遣ったが、捌きには此だと言う物がない。其の都度、身体が覚えるように動ければ最適だと思った。今一汗を掻けずに終わってしまった。

 2,004年 10月 25日(月)
 新潟の 地震の被害が凄い。雨も影響して今も避難所生活の人達は不安な夜を過ごすと思うと気の毒でならない。自分の家で寝られないと言うのは其れだけでストレスも溜まる筈だし、疲れも取れないだろうなと思う。一日も早い回復を願う。

 2,004年 10月 24日(日)
 新潟の友達に朝連絡が取れて良かった。取り敢えず無事で安心した。テレビの映像を見ると被害が凄い所しか映さないようで、震源地近くは凄まじく荒れてしまったが、同じ新潟でも被害の差がある。少し、マスコミは視聴率の為なのだろうか、作っている所は多少なりとも有ると思った。
  ラグビーの試合で名古屋に向かった。今日はメンバーも居るし、モチベーションもそれなりに高かったが最後の最後で逆転トライを許し、負けてしまった。色々と反省はあったが根本的な意識の改革と言うのは中中難しいと思う。次の試合に備えたい。
 夜から骨法の講座で本部に行った。遅れていったのでかもさん楠美さんが骨格調整を遣り合っていた。其の中に自分も入れて貰い、今までの内容を復習できて勉強になった。

 2,004年 10月 23日(土)
  新潟で大きな地震が連発してしまった。知り合いが2人居るが、メールも繋がらないよう様子。何とか無事で居る事を祈りたい。寝られない一夜を過ごすのだろう、震災に遭われた方には気の毒だ。
 神霊学研究会 特別講座 神霊治療があった。今回の特別講座は、前の講座で漏れた人の為の講座で正に特別講座の特別で開いて貰った講座だ。館長太郎さん由美さんには忙しいところ申し訳ない。たかよさんとペアを組ませて戴いたが、他者浄霊が上手く行った気がする。自分も昨日太股に受けていた打撲痛が取って戴いて有り難かった。内部から愁訴が取れて行くので本当に便利だ。
 其の後の麒麟会も何時もより人数は少なかったが楽しく過ごさせて戴いた。

 2,004年 10月 22日(金)
 今日は空手の稽古の日、仕事を早く上がって稽古に向かう。今日は何時ものメニューに約束組み手、自由組み手があった。約束組み手は先週の続きで先週は後半しか出ていないので混乱した。
 自由組み手では、捌きを重視した組み手で相手の動きや遣り方を見て、勉強になった。全てが終わって佐久間さん由美さん楠美さんとで 立ち話をし、佐久間さんの杏仁豆腐の話は面白かった。今まで杏仁豆腐が大好きだったらしいが豆腐という名前から牛乳で出来ていた事を知らなくて後 ろの表示を見て焦ったらしい。楠美さん楠美さんで元気学園の時、館長が皆の診断している時に車の中で一人、自己浄霊して居た話や空手の合宿で休憩の時に目を瞑り、一人自然と同調して瞑想して居た事など話 をして、お気楽極楽を極めて居る楠美さんに笑えて仕舞った。楽しい一時だった。

 2,004年 10月 21日(木)
 今日は、運転マナーがない奴が多すぎて腹が立った。今朝、出勤途中の渋滞での事、シーマに乗った4、50代の男性が右折レーンから数台を追い越して、僕の前の一寸のスペースに無理矢理入って来た。結局自分の車とその追い越した車は並んだが、信号待ちで目を合わしてアピールするつもりが此方を見ようとしない。朝から怒れた。
 そして、夕方に帰宅路の裏道を通って居た時の事、あるY字路でウインカーを出すのが遅れてしまった。黒い三菱の軽4輪が数十秒間に渡りクラクションを鳴らした挙げ句に追い越して行った。急いで居るのは分かるが、その遣り方に腹が立った。其の儘走ったらT字路で止まったので車を降りて何であんな風に遣る奴の顔を見に行った。鍵をロックして窓を少し開け、怒鳴って又、無理矢理に追い越しを掛け走り去って行った。そんな運転をする人間が最近多い。道を譲っても御礼もないし、当然の如く横は入りしてきたり、何なんだろうか?今日は2回もそんな事があったので怒れてしまった。
  台風 で多くの人が亡くなり、遺族の人は本当に気の毒だ。日本を横断するかのように通って行った台風の凄まじさを物語っている。台風は愛知と静岡の上を掠めるように去って行ったが普通の台風は進路方向の右側の方が被害が大きいとニュースで遣っていた。今回は何故か左側に被害が多かった。世の中には不思議な事が多い。

 2,004年 10月 20日(水)
 我等がアイドルもえちゃんのHPが何と70万カウント更新!小学生にしてこの更新数、そのまま更新を続けて行き、どんどんと大きくなるのが楽しみだ。それにしても天文学的数字だ、自分のhpでは程遠い…
  今日は台風の日、凄い風に凄い雨、おかげで残業無く帰る事になった。小学校の時に台風で全校休みになるのを思い出したが、台風が来ると何故か自分はわくわくしてしまう…
 そして、夜から骨法のご講義の日だった。嵐は激しかったが何故か本部に来ると全然雨音も風音もしないくらいに穏やか。何時ものように館長由美さんに実験体に成って貰い御指導戴いた。後から丸中食堂の女将さんも来られ見学されて、その中で実技を繰り返した。颯爽と身をこなすには技だけでなく瞬発力、機転、そして気遣いと色々な事が必要と思った。治療師の道は程遠いが一生懸命頑張ろうと思う。
 帰ってからネットサーフィン、一緒に骨法も習っている楠美さんの空手のhpの更新があった。綺麗な蹴り足には憧れる。見事な見本となるような蹴りだと思う。

 2,004年 10月 19日(火)
  会社で製品の不良率が3機種同時に10%落ちてしまった。凄い剣幕で営業本部長が怒り出して居た。私の所属するグループ全員で他の仕事を置いておいて、優先的に不良率の解消の仕事を進める事になった。その部長は年は若いし、いわゆる出世頭であるが年上年下関係なく怒鳴り散らしている。人を蹴落として上ってきた人であろうが、それが何なんだろうか?自分の担当課長は人一倍早く会社に来て、一番遅く帰る。其の人はパフォーマンスも何もないし、地道である。僕は、そういう人の方が尊敬してしまう。自分は言われた事を遣って他にも用事があり、空手の稽古にはすっかり、遅くなってしまった。
 稽古には、終盤に遅れて出る事が出来たが、遅れの分は中中取り返せる物ではない。直ぐに時間が来て仕舞った。

 2,004年 10月 18日(月)
 めっきりと夜が寒くなって来た。丸中食堂の女将さんから電話があり、館長が関西講座を終え、豊橋に帰ってきて丸中食堂に居る事を聞いた。ぷりんさんもえちゃんも居られ、丸中食堂は賑やかだ。生ビールを御馳走になり、気分もほろ酔いで家に帰った。

 2,004年 10月 17日(日)
 急遽、ラグビーの試合の助っ人を頼まれて刈谷まで行ってきた。何処のチーム事情も厳しく、助っ人を入れても15人ギリギリのメンバーだった。自分のチームも一緒なので其のチームのキャプテンの気持ちが痛いほど分かった。結果は惨敗だったが、終わってからメンバー集めについて真剣に話し込んでいた。
 存続が難しいような危機的状況には自分のチームは達していないが出来るだけ、共存しあえるような環境にないと続けるのは難しい気がする。

 2,004年 10月 16日(土)
 会社の同僚と東栄町の温泉まで行って来た。紅葉には未だ早い時期だったが絶好の行楽日和で気持ちが良かった。
 温泉の入口に野菜の直売所があり、そこで格安の銀杏を見つけて買ってきた。其れを丸中食堂まで持って行き、煎って貰って摘みにして一杯遣った。

 2,004年 10月 15日(金)
 今日は空手の稽古の日、今日から自由組み手が又、始まった。今までの稽古を生かし直突きや捌きを課題にしての組み手だった。大久保君は最近、身体が引き締まって背も伸びたように見える。組み手の戦い方も変わって来た。
 楠美さんに加減したつもりが思いっきり下段の足払いをして仕舞った。下段に入ったので足の内側を捻挫をさせて仕舞った。その治療になり、館長に治療をして貰った。手を擦り合わせて、拝み倒しの方法と足の稼働部を伸ばす治療法だった。それに携帯のビームライト治療。色々な方向性からの治癒は目茶目茶良く効く。

 2,004年 10月 14日(木)
  良い天気の秋晴れ、気持ちも清々しい。昨日の余韻を引きずりつつ仕事に向かった。今日は会社に新しく東京から単身赴任してきた方の為の歓迎会があった。自分も半年の遅れの歓迎会をおまけで遣って貰って嬉しかった。
 昔の学生時代の友人と連絡が取りたくなってメールを送ったら、電話をして来てくれた。聖士會館での出来事をちゃんと伝えなくてはと思い、腰が悪かった彼に食生活の話しになった。「牛乳を飲まないと治るのじゃないか?」と言ったら何故、そんなふうになるか追求された。自分でも上手く言えなくて「根拠もないのにそんな風に言うな。何でだ?」と言われた。そう言われると一言で言うと「神様が嫌うからだ。」と言って仕舞った。宗教の勧誘をして居るみたいで自分も嫌な予感がした。しかし、もう後の祭りだった。自分には、理論立てて物を言う能力がない、自分の無知に腹が立った。聖士會館のHPには、「牛乳は、
神が与えた生涯の記録装置のDNAを破壊される事で DNAという設計図を書き換える。」とある。こんな言葉が直ぐに出てくればと思った。腰の悪い人でも牛乳を常飲する人が辞めて仕舞えば、良くなるのは予想がつくし、薬の投与によっては痛みが無くなるかも知れないが更に他の所の弊害を考えると、食生活を正すのが一番の近道と考える。
 反対に客観的に見て「何で牛乳は人間のDNAを破壊するのだろう?」骨身を削った血と同じで乳は分子が細かい。其れを取り入れると人間が身体も脳も動物化するからだと言っても彼に言わせば、証拠が無いからと駄目だという事になる。見えない物は証拠に成り難い、実際の経験や勘で物を言っては駄目なのだろうか。世の中そんな傾向にある。彼には更に「絶対に」とか「完璧に」という言葉を使わない方が良いよと熨斗を付けられ、指摘を受けた。理論的に物を言うのは難しい…

 2,004年 10月 13日(水)
 夜から神霊学特別講座「霊格向上」があった。些細な欲で多くを駄目にしてしまう事、心の管理、「自己浄霊」が如何に大切なのか分かった気がする。素晴らしいご講義だった。
 その後の麒麟会でお気楽シスターズ結成された。長女にラムさん、次女、奈津子さん、三女プッチーさん、四女楠美さん、そして五女に、由美さんで何時も不思議と並んで座っている。シスターズを見ていると笑顔に、幸せになってくる。

2,004年 10月 12日(火)
 今日は空手の稽古の日、何時もの様に練習して居たが、何時もの調子が出ない。身体から出る汗が冷たくて身体が陰性に成っているのが分かった。其れでもやっていたが館長には全てお見通しだった。考えてみて原因の一つと考えられるのは昨日、浮気をして焼酎を飲んでいる事、玄米スープを大量に作り、勿体ないので玄米スープの焼酎割りをぐびぐびいっていた。矢張り玄米スープは説明書を見るとちびちびとある。稽古の前にも、湯飲みで3杯一気して稽古をした。汗の掻き方が違っているし、汗を掻いてもサウナのように表面だけで中から出てこなかった。終盤になってやっと身体が温まって来た。
 稽古が終わり、館長に外関−臨泣の愁訴を取る赤外線を携帯電話から放出して貰ったら、左膝や左足全体が温かくなるのが分かった。ビームライトバーコードの恩恵を受け、一寸復活した。有り難う御座いました。
 パセリの森のルンルンぷっきー改めルンルンぷっちーさんの日記を見るのが最近の楽しみの一つだ。「麒麟会バンザイ!!」と書いて有った。爆笑してしまった。超同感。

 2,004年 10月 11日(月)
 今日は長い夢を見た一日だった。起きたら遅くてびっくりしてしまった。
 ホームページの編集と掃除をして終わってしまった。外は良い天気の秋晴れで気持ちが良かった。

 2,004年 10月 10日(日)
 昔から一番晴れの確立の高い今日は、東京オリンピックが開催した日でもあるが、曇り模様でラグビーの試合があった。
  ラグビーの試合は1トライ差で負けてしまった。終わってからある先輩達からとくとくと御説教があったが心外だった。ラグビーは団体スポーツでハッキリ言うと勝つ事が全てだ。自分にキャプテンシーを求められるが、年代は20代〜40代後半と幅広い。かといって何か言っても「ハイ、そうですか。」と言う人達が多い訳でもない。雑用でも良いから人数が集まって運営が出来ればと思っていたが、運営はクラブチームである筈なのに練習に来ている人間が出られず、試合に勝つ事が優先である。それも一つの考え方だが自分の考え方は違う。趣味として楽しむ為に遣っているのに練習をしている人間だけで遣って、それで負けたら仕方がないと思える。だから、人選も自分が主体ではないし、キャプテンて何だと思う。そういうのだったら、違う人間がキャプテンを遣った方が良い。
 それでも自分を支えてくれる先輩も居るから、今年の任期は全うしたいというのはある。何とか良い雰囲気で試合に臨む事、自分の考え方は分からないかもしれないが、勝つ事が全てと言うのは寂しすぎるのでは無いだろうか?
 夜から神骨研究会に参加させて貰った。ビームライト講座は太郎さんの研究発表会の補足と館長の新しい技術の組み合わせだった。世の中には嘘とか間違った物が多い、その中でホームページ を通して本物を訴えて行きたいし、HPを見てくれる自分の古い友人にも伝えたい。目に見える物しか信じられない人間と言うのは「井の中の蛙」の如く、その中の環境から脱したくない人間だし、見る目が狭くなると思う。だから、自分の友達はエンジニアが多いから、「閃きを大事にするなら一番重要なのは目に見えないものにあるのだ。」と特に言いたい。自分に理解出来る事が全てだなんて寂しい。

 2,004年 10月 9日(土)
 今日も台風の雨模様、午前中はバケツから水を零したように降っていたが午後に成って大夫小振りになった。
 天野章予さんがホームページを作成したので田原にアップの手伝いに行った。豊橋内はポツポツ振りだったが一旦、渥美半島に入ると土砂降りでびっくりした。
  ホームページは何とか順調にアップできたが、niftyのメールの設定が分からない。原因も分からないので最近の流行のインフォーシークメール を登録、設定をした。そしたら難なく転送設定もできた。同じなのに何故、Outlookで成らないか解らない…
 夜は消防のお祭り警備が中止になり、光講座を参加出来ることになった。

 2,004年 10月 8日(金)
 台風の天気で雨脚も強く成って来た。
 豊橋は雨が何時も少無いのでこんなに雨が降るのも珍しい。空手の道場は蒸し蒸ししている。最近の稽古は前に比べると質と実際集中している時間も長い。質に関しては自主練習では、自分に因るところ多いが、次々に遣る事があるので考えて居る暇が無い位に充実している。
 基本である突き、蹴りの直線的な動きに無駄がある。館長に教わった遣り方で突きを突くとスピードが格段に増す。でも連突きになると最後の握りと決めが甘い為に油断すると、手首がぐにゃっと行ってしまう。進歩は最近ぐにゃっと行っても捻挫をしなくなった。何故だろう?
 蹴りは、直線的な最短距離で同側同調をベースに溜めを作って、蹴りを突くとサンドバックの揺れが違う。又、上段回し蹴りは中心力をずらさないようにして放つと相手の肩付近が現界の高さだ。それに足先が前に伸びるように放つと更に蹴りが上がらなくなる。楠美さんの蹴りを見るとゆっくりでも肩位まで膝が回って来て、其処から臑が出てきて足首、足指が遅れて来る。絶対的な身体の柔らかさがないと出来ない技では有るが、足の先まで注意を払うと言う事だと思う。矢張り柔軟性を上げる事が加速への道かも知れない。

 2,004年 10月 7日(木)
 夜も大夫涼しく成ってきた。暑がり寒がりの自分には今の季節が一番良い。
 夜から館長太郎さんの忙しい合間を縫って、ビームライト講座と骨法の講義を遣って戴いた。ビームライトバーコードやビームライト奇経治療の基になるビームライト講座は勉強になる し、今まで見てきた不思議なビームライト治療の納得が行った。 太郎さんに左膝が悪いのでビームライト奇経治療を自分に遣って貰いながら進んだが、最初に赤ペンで打った点が終わる頃には、3cm程違う所に移動していた。全身の愁訴は殆ど取れ、関節の変位まで無くなり目の前が明るい。左足だけ皮膚がずれたので、それだけ仙腸関節や足先に至るまでずれて居たことになる。未来の治療法だと思ってしまう位に凄い物だと思う。其れを実行し、更に進化している治療法なのだから最先端であり凄いとしか言えない。とてつもなく凄い物に挑戦しようとして居る気がして来た。
 其の後は骨法の治療を館長から教えて戴いた。今日からかもさんも一緒に遣る事になって心強い。由美さんにまたまた、実験体になって戴いた。順番は完全に忘れているし、思うように足が動かない…空手の蹴り技をやっている感覚でとてもピンポイントで骨盤の溝を見つけ出すなんて神業に近い。遣っていたら汗だくだが、館長は膝が痛くてもスイスイと体を捌く。矢張り中心力が大事で館長の頭は殆どぶれない。次にお教え戴く時はもっと上手に成っていたい。

 2,004年 10月 6日(水)
 秋晴れの雲一つ無い快晴。昨日館長に教えて戴いた膝の矯正法を実行する。後ろ向きに歩いたり、階段を上ったりするするとその時、膝は痛いが普通に戻るとスッと楽になる。一番効くのは後ろ向きウサギ跳び、御陰で膝周り周辺が筋肉痛になった。スクワットは実行していたがポイントがずれて居た。暇を見て続けていこう。

 2,004年 10月 5日(火)
 久し振りの大雨、近くの川の増水が激しく地元に残っている人に消防団の召集が掛けられた。国道も大渋滞で中中前に進まずに遅れてしまった。
 空手の稽古では、じめじめして汗の量が多くなってしまった。今日も新しい稽古の内容が展開された。研究発表会での館長京都支部の兵道支部長の発表の余韻を引きずりつつ気合いが入った。それにしても自分の身体の硬さに嫌になる。かもさん楠美さんみたいな蹴りは打てないまでも何とか自由に回し蹴りを打てる様になりたい。

 2,004年 10月 4日(月)
 しとしと雨が降ると眠りが深い気がする。最近の温度の急激な変化で体調を崩す人が多い。今日の自分は完全に二日酔いだったが、午前中までに回復。同僚も喉風邪を引いたり、先輩社員は腎臓結石になったりしている。夏の水分の取り過ぎで弊害が出て来る時期が今頃だと館長は仰っていた。
 そう言う時は小豆や聖士會館で売って居るツルシマのヤンノーのスープを飲めば、余計な水分は随分となくなる。コンビニ弁当に運動もしないでは当たり前の様に病気になってしまう。今考れば、そんなの当たり前と言えるのだが、世間ではそんな余裕を見せない程に身体を酷使し、西洋医学に頼り又再発してしまうから遣り切れない。

 2,004年 10月 3日(日)
 今日は第34回聖士會館研究発表会だったが、又大遅刻をして仕舞った。昨日早く寝過ぎたのが良くなかったのだろうか、其れとも欲を出してカレー煎餅を頬張って仕舞ったせいだろうか、完全寝坊で佐久間さん楠美明男さんに電話して貰ったのに気付かなかった。大急ぎで発表会場へ、太郎さんの発表を聞く事が出来なくて後悔した。冊子を読んで言霊の意味を詳しく聞かせてくれた講義だったのだろう、次の発表の方の節々に太郎さんの発表した言霊の事が上げられる。こんな研究をしているのは、聖士會館だけだろうと思える程、論文の内容は充実していた。説得力があるだけに余計に気になった。自分の名前「あつし」は下半身に力が行きにくい、中心力は其れなりに集まるが頭の方に力が上り易い から脳圧が高くなり易いと論文から推測する。正に自分その物だった。
 空手道京都支長の発表には間に合う事が出来て良かった。実験体になり、剛と柔について御講義だった。正に実体験を基にした御講義で此から昇級を目指す自分には刺激になった。
 石田先生や大前先生の御講義を聴いた後、館長の御講義があった。目まぐるしく話されるスピードと最先端の理に叶った説明、此だけの講義をされる人は世界中に居ないと思う。御講義を受けられるT、N大学の学生は幸せだ。自分が学生の時に此だけ意味のある講義をされる教授は居なかった。館長の講義される内容は、自分が行っていた大学とはレベルが遙かに上で違うが話し家の如く人を引きつける講義、大学の教授もこんな講義をしてくれたら、其の時代の無駄な授業料や時間を費やせずに済んだと思う程に魅了して止まない。自分も又実験体に成り、膝のテーピングをして戴き普段曲げようとしない方向に曲がるようになり、愁訴が消滅した。テーピングだけでと思うかも知れないが、自分は膝の脱臼をして三日で歩けるように成った程の威力なのだから凄い!!
 発表会が終わって丸中食堂で麒麟会、本部のメンバーが来られると麒麟会は加速する。まだまだ飲んでいたかったが早めの切り上げだった。終わり際、館長が掌を皆の前で差し出した時、酔いが回って幻覚か気のせいかも知れないが、館長の掌上に10cm位の上の空間が歪んだ気がした。みどりちゃんサラちゃんが其処に 小人のようにいらっしゃったらしい。
 宴会が終わって丸中食堂に祝勝会の我が後輩のラグビー部が やってきた。女将さんが彼らを呼んでくれ、残り物を全部平らげビールを飲んで帰って行った。彼らにとって丸中食堂が生涯忘れられない食堂に成る事は間違いない。其れにも増して感謝の気持ちを忘れないで貰いたいと思った。

 2,004年 10月 2日(土)
 昨日、携帯電話のカメラで撮った写真をトップ頁にアップした。植物の成長は早くて、雨が降ってその後温度が上がると前よりも大きく見える。実際に目に分かるほど大きくなっていると思う。キャベツに成る頃にもう一度撮ろう。
 午後から本部に行って骨法の御講義を受けた。取り敢えずは体験すると言う事だったが館長が何気なく遣っている調整も遙かに難しかった。仙骨のずれを直すだけで骨格はある程度 、調整され身体は軽くなる。全てを行う全身骨格調整はどれだけの凄いのだろうと思ってしまう。最初は由美さんが実験体、次は名古屋の中村さん、そして楠美明男さんにも手伝って貰い、実験体に成って戴いた。本部はひっきり無しに来客が訪れる。奈津子さんも途中で見えて、又秘密の写真の話をして「駄目」と言われると余計に見たくなって、更に妄想が膨らんで仕舞った。
  楠美明男さん館長と同じ携帯電話を御購入され館長に遣り方をお聞きしていた。その時、メールの遣り取りを見て自分の携帯と全く違い、打つのは早いし変換が優秀だ。自分のは「有難う」も漢字で打てない始末。この自分の携帯は日本中で一番人気があると言うから「有難う」も変換から捨てて仕舞ったなんて此では日本人は駄目に成ってしまう気がする。それだけ「ありがとう」の平仮名で使う人の方が多いなんて日本人なのに問題では無いだろうか?

  2,004年 10月 1日(金)
 今日も快晴!空手道少年部のヨッシー君のホームページの日記に何時の日からか毎日のように「あしたも天気だといいです。」とある。最近は「てんき」が「天気」になり、覚え立ての漢字を早速、使っているのかな。その決まり文句も彼の純粋な気持ちなのか、確かに晴れると嬉しい。
 由美さん家 の飼い犬クマ子ちゃんが奇跡的に命を取り止めた。館長由美さん由美さんの御母様の愛情が伝わってくる。本当に良かった。
  空手道の稽古では捌き崩しの他に突き蹴りの基本についても立ち返って戴いている。意識付けする事で突きや蹴りの破壊力や貫通度が増す。自分がどれだけ何も考えずに遣っているか分かる。
 
 2,004年 9月 30日(木)
  台風の一過で空気が澄んで綺麗だ。雲もなく、秋が益々色濃くなって来ている。台風の被害が意外と酷い、豊橋では、停電にはなったが殆ど直撃をしない。昔から農業が此処に栄えたのもそんな理由があるのかなと思った。今、農業の人達は携帯電話で天気を逐一気にしていると聞いた。その事を言っていた40代の農業家はその人の親父さんの世代は風の向きや雲の流れ、臭いに依って今の天気予報よりも正確に何時、雨が振るのかを当てたと言う。その人は「便利な物は使うけど、文明の発達で得られる物を多いが、色々な能力も退化して仕舞うね。」と仰っていた。確かにその通りだと思うし、そんな自然を肌で感じる能力というのは持っていた方が人間的で自然だ。
 家に帰ってからやす子美容室住人の増田が 又、尋ねて来てくれた。 ホームページのアップが楽しみ。

 2,004年 9月 29日(水)
 会社が終わって、御飯を食べてから聖士會館本部に伺った。何か講座が開催されているのではと思える程、本部の前に ぞろぞろと車が止まっていた。いらっしゃったのは本部の太郎さん由美さん、そして治療にいらっしゃっていた志貴夫さん、望年会の相談の為に赤川さんかもさん楠美さん一家、 天野さんでびっくりした共に何時もメンバーが集まっている感じ…楠美さんの旦那さん、明男さんは会社の事務所より、本部にいる時間の方が長いと言う。本部は自分が着いた時は、もう非常に盛り上がっていて熱気むんむんだった。皆さん望年会に向けて余念がない。館長志貴夫さんと盛り上がり、後からすーちゃんも来て絶好調に楽しかった。今日 、自分はビームライト講座と骨法の講義についての相談に来た。そして、又麒麟会に参加させて貰って自分も絶好調に成って仕舞った。此から色々と館長を始め太郎さん由美さんにはお手数を掛けると思うが、目標を掲げ一所懸命頑張りたい。
 家に帰ってからホームページの相談でやす子美容室住人の増田が尋ねて来てくれた。 彼は、ラグビー部で身体は大きいが優しく、真面目な青年だ。結局増田と麒麟会の続行、知らないうちに3時を回ってしまった。楽しい時間は過ぎるのが早い。

 2,004年 9月 28日(火)
 今日は空手道の稽古の日、京都支部での事を思い出し気合いが入る。緊張したようなピリッとした空気が京都支部では拡がっていた。京都支部の方々が本部道場は館長が直々に指導してくれるので恵まれていると言っていた。本当にその通りだと思う。館長がいらっしゃると言う安心感でその常々講義してくれた内容を又聞く事が出来ると言う隙が出来て仕舞う。常に緊張感の中で御講義される内容を聞いて、更に真剣に聞いて居ればその場で質問出来る筈だし、頭に入る筈だと思う。体験から比べるとその場の集中力が違うと感じた。
  捌きの稽古を繰り返した。この約束組み手で全力に近い捌きをしないと意味のない物に感じる。約束組み手はその動作が分かっているのだから予測して動ける。自由組み手ではそんな訳には行かないし、約束組み手すら出来ないのに自由組み手で出来る訳がないと思った。約束組み手こそ繰り返し本気で突いたり蹴ったりする事でタイミングや間合いを掴むのではないかと思う。

 2,004年 9月 27日(月)
  雨が降りそうだが今日も自転車で会社に爆走…とも行かず、途中で雨がポツリポツリと来出した。天候操作を片手で遣りながら会社まで大雨に打たれずに済んだのかな?でも自転車を漕ぎながら指先で天候操作している姿は怪しい。
 今日は良い事があった。大学時代にアルバイトで教えて居た家庭教師の両親から暫く振りに電話があり、一緒に飲む事になった。丸中食堂にお邪魔し、生ビールと茄子の炒め物で一杯やった。全然連絡を取って居なかった自分は薄情者だが、そうやって電話を掛けて戴く事がまず嬉しかった。家庭教師をしていた息子は自分が言うのも難だが、盆暗で折角受かった県立の高校を2年で中退してしまった。でも、色々挫折を味わって不良の道にも其れながらも、もう一度高校を受け直し、編入が叶ったと聞いた。良く遣り直したと思ったし、色々と考えたのだろう、自分で導き出した答えが真っ当な方向に向いたのが何より嬉しかった。其の子は週末近くのコンビニでアルバイトしているらしい…近くに行ったら寄って見ようと思う。

 2,004年 9月 26日(日)
 爆睡で11時まで寝させて貰った。聖士會館本部の如く落ち着く環境で一回も起きずに8時間位寝られた。京都支部の方々の親切な雰囲気と家庭的な雰囲気の為なのだろうか、自分の家より寝られて仕舞った。お昼御飯を御馳走になり神骨研究会にも参加させて貰った。治療のモデルになり、膝が目茶軽く成った。京都支部の皆さんには感謝の気持ちで一杯だ。二日間に渡り、始めて来た自分にも気を遣って戴き有難う御座いました。
 午後から宝塚の講座に館長金井会長かもさんと4人で向かった。田舎者の自分には何処に行っているか皆目検討も着かなかった。
 宝塚の方々にも始めてお会いしたが、自分も始めてなのにそんな気さえさせない位に楽しくも実になる時間を過ごさせて貰った。神霊学、ビームライト講座の両方共昨日の復習をしている感じで理解が深まった。
 帰り際は帰りたく無くなって仕舞い、この時間がずっと続かないかなと思う程楽しい麒麟会だった。帰りは遊上さんに駅まで送って貰い、ももっちさんと一緒に大阪駅まで案内して貰った。途中下車してしまい、新幹線を乗り遅れそうになったが次の新幹線に間に合い、豊橋にすんなり着けてしまった。ももっちさんが親切に何度も駅員さんや周りの人に聞いてくれた御陰だ。
 関西講座を切っ掛けにして、空手道や他の講座にももっともっと精進しようと思った。そして京都支部や宝塚講座の皆さんに感謝したい。

 2,004年 9月 25日(土)
 今日が関西二日目、昨日飲み過ぎの割に元気だ。昼位から京都支部根津さんの所に髪を切りに行った。久し振りに理髪店に行ったが、ヘアーサロンNEZUのスタッフは凄腕で2005年向けのニューヘアスタイルに変えて貰った。館長、土屋さん、かもさん、そして自分と4人同時に遣って貰ったので大賑わいになってしまった。夜からはビームライト講座に参加させて貰った。バードコンピュータの金井会長も来られ、その後の麒麟会も盛り上がった。根津さんが買ってきた麒麟会で食べたたこ焼きが妙に美味しくて忘れられない味だった。

 2,004年 9月 24日(金)
 会社を早めに上がらせて貰い新幹線に乗って一路京都まで。行く時、京都手前まで爆睡だった。新幹線は何故か良く寝られる…京都駅に着くと京都支部の勝さんが車で迎えに来てくれて、館長かもさんと一緒に稽古場に向かった。
 京都支部長の兵道さんに最後に自由組み手を遣って稽古を付けて貰った。聖士會館空手道の直線的な動きを忘れていた事、上段回し蹴りを一発戴いて、館長が常に仰っている回し蹴り系の見えない間合いからの蹴りは矢張り溜めが重要でそれを実感出来たと思う。今回の稽古は目茶勉強になり、基本が大事という事が身に染みた。そして、変な癖が付いているとご指摘戴いた。もう一度基本を見直して稽古に精進しようと思った。
 豊橋から土屋さんも来られて居て、夜は京都支部で神霊学研究会、理津子さんとペアを組ませて貰い身体が温かく成った。其の後の麒麟会も盛り上がった。兵道さんと話し込む事も出来た。理津子さんも付き合ってくれ知らないうちに周りが明るく成り、6時でお開きに成った。

 2,004年 9月 23日(木)
 自分の勘違いで今日は休みだった。結局昨日は深夜4時まで起きており、ネットサーフィン三昧。朝 起きると調子が良いので自転車で薩摩芋の植えた畑に行って芋は殆どないが、蚊に刺されながら畑を片付けて来た。急に休みになると遣る事のない暇人の私は、その後インターネットを遣って時間を潰した。夕御飯を丸中食堂で摂り、その後やす子さんの買い物に付き合った。
  気付くと丸中の女将さんから電話があり、館長ぷりんさん(理事長)丸中食堂に来られたとの事だったので早速遊びに行って薬を御馳走になって仕舞った。金曜からまず空手道京都支部にお邪魔するので、館長京都支部勝さんと理津子さんの所に連絡を取って戴いて京都に行く段取りをした。今や、京都に行くのが目茶楽しみなので段々とテンションが上がって来た。かもさんはもう水曜日から行ってるらしく流石だ。

 2,004年 9月 22日(水)
 朝、会社に行く前に太郎さんのお家に寄って関西講座用の空手着と下着の準備を持ってお願いしてきた。朝から申し訳なかったが、自分の方は太郎さんの笑顔を見たら朝の憂鬱な気持ちがスッと無くなった。会社では、ばたばたと忙しい日だった。忙しい日にトラブルが起きるので、その処理で自分の部署は忙しい。雑用係の私は次から次に言われて今日は疲れて仕舞った。
  家に帰って蒟蒻と萌やしの辛味噌鍋をした。味噌鍋は本部で御馳走になってから嵌っている。糸蒟蒻や板蒟蒻はつるつると行ける。総本部の大きい方のボルゾイ犬、は完全正食なので蒟蒻を食べた便はその儘排出されるらしい。蒟蒻は整腸作用があり、腸に溜まった宿便を掃除してくれると館長が前に仰っていたのを思い出した。先週は邪食のオンパレードだったので今週は気を付け
たい。

 2,004年 9月 21日(火)
 会社に着いて10時休憩の時に聖士會館のホームページを見たら、神霊学研究会特別講座の追加講座がアップされていた。丁度見る事が出来て良かった。
  社内では、秋の最新携帯電話の需要が多くなっており、生産台数が上がって来た。前々から調子の悪い機械を業者さんと共に修理していたら遅くなってしまった。次々に最新携帯電話が又発売されるだろうが、其れにも増して、その前の機種の生産台数も上がるので出荷が忙しくなる。流れが早いのでメーカーが修理の為の在庫も持って置くのも原因だろう。しかし、一年も経てば前の携帯電話の部品すらないような状態に成ってしまうのだから、マスコミと携帯電話メーカーの思う壺であろうか。それにしてもパーピープーの字の着く携帯電話は良くない!自分のは正にそうで買ったばかりだが早く変えたい…メールの文字変換はAtokにかぎる。
  空手の稽古には大分遅れて仕舞った。稽古では基本と最近の新しいメニューを遣った。館長から又、メビウスの理論の展開があった。稽古には遅れてしまったが、未だ一時間時間があるから何か出来るという考え方と後一時間しかないから遣っても仕様が無いだろうという考え方には雲泥の差がある。一寸前までは自分は後者だった。時間の加速の仕方、物の考え方で大きな違いが出来ると節に感じる。常に前者のような気持ちで居たいと言うのが最近の自分の目標だ。

 2,004年 9月 20日(月)
 普段の月曜ならと考えると恐ろしいが、今日が休みで良かった。何も遣りたくないようなだらだらと一日を過ごして仕舞った。
  昨日見た映画「アイロボット」は、人間が作ったロボットが人工知能の発達から自らの意志に依って人間に反乱するという内容だった。近未来の2035年の設定だったが、車は車輪駆動ではなく、エアか何かで車体を持ち上げ、完全自動運転。高速道路は地下や橋桁に縦横無尽に走っていた。これから30年であんなように発達するとは思えなかった。戦争やお金儲けの方が価値のある世の中では、自ら意志を持つようなロボットを作ってもこの映画の様に反乱されるのが落ちだろうか? 

  2,004年 9月 19日(日)
 大学のラグビー部後輩のリーグ戦が始まりその応援に行った。万年ビリのラグビー部だが「今年こそは!」と期待が持てる程の活躍だった。毎日を練習する時間に費やし、目標に向かって一丸になれば素晴らしい成果が得られると教えられる。
 静岡から応援に来られた先輩と丸中の女将さん、それに河合さんと鰯の専門店まで飲みに行った。その後、大満足でやす子美容室の学生の宴会に乱入。自分も意気投合して気付いたら後輩が「三吉さんもう4時ですよ。」と言われ、お開きにした。試合で疲れているのに反省した。 

  2,004年 9月 18日(土)
 今日はナゴヤ球場まで赤川さんと一緒に巨人中日戦を見に行く予定だったがストの為に中止になった。昼過ぎに赤川さんの家にお邪魔して晩ご飯まで御馳走になってしまった。
  夜は本部での光講座に参加できた。野球には行けなくなって残念だったが、光講座が代わりに受講できて幸運だった。今日の講義は食養についてが主で最後は館長に質問をして色々な疑問に答えて戴いた。
 麒麟会も大盛り上がりで又、本部に泊まらせてもらった。最近は此処に泊まる事が普通になってきた気がする

  2,004年 9月 17日(金)
 今日から会社に自転車で行く事にした。最初自転車を漕ぎ出して、清々しく気持ち良いと思って居たのも束の間、半分行った位で疲れて来た。怠慢していたせいで体力は直ぐに無くなって仕舞うと思った。雨の日以外は体力増進と地球の為にも自転車で動こうと思う。
 企業の中国展開がお金儲けの為に目覚ましいが、もし中国人が全員自動車に乗ったら地球は直ぐにでも潰れてしまうかもしれない。
 夜は空手の稽古の日、自分の裁量で無級から遣り直す事に決めた。もえちゃん由美さんだけ白帯に戻ったのは可哀想だし、今回のボールを遊びの感覚を厳粛に受け止める。
 稽古内容は充実している。円を出来るだけ大きく描き、円運動で捌きを行うが鏡の前で行うと変なダンスを遣っているみたいで格好が良くない…館長の様に動きたいが頭でもっと考え、相当な稽古を必要だと思った。

  2,004年 9月 16日(木)
 今日も良い天気だが朝の冷え込みが段々強くなってきた。帰りが早いので丸中食堂で天麩羅定食を食べた。
 その後、ラグビーの同僚と公園をマラソンして清々しい気分になった。虫の声も耳を澄ますと良く聞こえる。

 2,004年 9月 15日(水)
 空手道場でもえちゃん達がボール遊びをして神器を壊して仕舞った。こうなる事は予想が出来た範囲だったが、叱って遣る事が出来なかった。今回の事で誰と関係なく悪い事は悪いと言う事や見て見ぬふりをすると言うのは、世の中の傾向であり秩序と言う物がない。
  館長が来ると道場の雰囲気も変わり、少年部も遊んでいても気は引き締まる。最初道場に入り立ての頃は、変な感じと思っていてもそれに慣れて仕舞う。道場は無法地帯であってはいけない空間であり、館長は落胆した事と思う。ボール遊びをしていた子供達を叱って遣る事が出来なかった大人の罪はもっと大きい。

  2,004年 9月 14日(火)
 今日は残業で結局、深夜2時までかかって解像度のデータ規格の合わせ込みを手伝った。御陰で空手の稽古に出られず仕舞い。色々と勉強にはなったが生産ラインに間に合わせる為の時間との戦いというのは焦る。終わってから疲れたけど達成感はあった。

  2,004年 9月 13日(月)
  昨日の日記に書いたのに飲み過ぎてしまった。朝起きたらもう廃人寸前、身体がだるかった。会社を定時上がらせてもらって、御飯の食べたらスッと寝てしまった。起きたら、丸中の女将さんから電話が入っており、今日は聖士會館の経営学講座が遣っているのを思い出した。館長にお誘い戴いたので丸中食堂まで 向かった。徒歩一分なので速攻で行く事が出来、目と鼻の先。館長も三日連続なのでお疲れの様子だった。
  バードコンピュータの金井会長が「飲む為に身体を修復するような物ですね。」と仰っていたが全くその通りだと思ってしまった。
  土屋さんや太郎さん由美さん佐久間さん楠美さんと一緒に食堂の片付けを手伝って戴いた。最後に、また残り物を貰って帰った。何時もながら女将さんの作る茄子の味噌焼きは最高だ。御馳走様でした。

 2,004年 9月 12日(日)
 ラグビーのリーグ戦初戦の日、本部にお泊まりで家に戻ってから準備をして一寸だけ居眠りして起きるつもりが携帯のアラームがバイブになっており、電話にも気付かず起きたら11時になっていた。こんな時、焦りまくった人間は現実逃避をしたくなる。試合の時間は都合良く一時間位後では無いだろうかと確認の紙を見るが現実はそうはいかない。夢じゃないかとも疑うがもう駄目だと諦める。乗り合わせの車にはもうとっくに間に合わないので一人で試合会場に向かった。それが分かりにくい場所にあり、地図を持たない自分は迷いまくり、そしてコンビニで道を聞いて30分前に何とか着いた。当たり前だが皆の視線は厳しい。
  平謝りで試合
開始、主力メンバーが休みでどうなるか分からなかったが、その分皆が各自の仕事を遣ってくれた御陰で楽勝ペースだった。逆に感じたのは今までその主力の人が居るとおんぶにだっこでチームは纏まりが薄かった。その主力の選手も引き入れて遣ればもっとできると言う欲も出てきた。課題も克服して次に備えよう。
  遠征から帰って来てあまり疲れて居ない。玄米は肉体的な疲れも修復していると感じる。元気なので今日も本部の麒麟会に参加させて戴こうと思う。昨日の反省を生かして飲みすぎないようにしなければ…

 2,004年 9月 11日(土)
  午前中は大学のラグビー部の後輩の所に行ってきた。メンバーが揃わずリーグ戦の前だというのに一生懸命遣っている人間が可哀想である。折角やるのだからその練習の時間は全てを忘れる位に打ち込む時間というのもあってもいい気がする。メンバーが居なくて棄権になんてなったら目も当てられない…
  神霊学研究会の麒麟会に参加させてもらった。一条先生の言うとおり正に最強メンバーの麒麟会で終始盛り上がっていた。岐阜から小林さんが来ており、館長の空手道談義に花が咲いた。一寸飲みすぎで今日も本部にお泊まり…

 2,004年 9月 10日(金)
 今日の空手の稽古では、前の続きで捌きをどんな時にでも応用できるように館長の見本から研究し、練習を繰り返す物だった。相手の陰側方向(見えない方向)を虚、相手の陽側方向(見える方向)を実とし、必ず転びやすいのは、虚側から倒している。無意識でも必ずと言って良い程に虚なのである。そして人間は左に周るより右周りの方が転びやすい。陽と陰、実と虚、それを知っていてその瞬間を見逃さなければ人間は簡単に倒れてしまう。
  その後の自由組み手では転ばす事を重点に於いた。しかし、力業になってしまう。時として狙ってでは無いが、偶然的に入る瞬間、相手は受け身も取れない。偶然ということはあまり力が入っていないし、中心力が安定しているのである。それが不思議だ。
  今まで生きて来て始めて知った事がある。自分の走り方は手の甲が上を向いて走っていると館長にご指摘戴いた。笑い話であるが三吉走りと命名された。しかし、子供の頃からだろうか、何故こんな走り方に成ったか分からないし、確かに変だ。

 2,004年 9月 9日(木)
 
最近というか前からだが、自分のこのホームページの誤字脱字、漢字違い、そして意味不明文章に至るまで間違いが多すぎる。自分の油断であり、いい加減に書いている証拠だ。何時も御指摘下さる館長や他のお仲間達にも申し訳ない。今回も昨日、今日と連続して間違えたのを気付かせて戴いた。普段の生活も自分のホームページの如く油断と隙だらけだと思う。そんな間違いが多ければ誰だって読みたくなくなるし、読み手に対しても失礼である。それに自分の無知をさらけ出しているようなものだ。
  今まで自分はホームページを更新しても直ぐには、読み返しもしない時もあるし、ホームページのハイパーリンク先だって確認しない時もあった。矢張りこんなのでは駄目だ。心を入れ替えて少しでもアクセスしてくれる人達にも良い気分で読めるようなホームページを目指そうと思う。

 2,004年 9月 8日(水)
  夜テレビでサッカーを見ていたらゲーム中に急に停電になった。インドのコルコタという所らしいがネットで調べたらインド第2の都市で大都会と書いてあった。日本はどんな田舎でも停電になっ たら、今なら直ぐに回復してしまう。此が他の途上国の現状と考えるとお金持ちで技術力もあってというような感じで羨ましがられる。というより妬まれる。海外では日本人はいくら貧乏そうな格好をしていても日本人はお金を持っていると思われ、恰好の的に見られると聞いた事がある。
  しかし、日本人はどの国にも無いような価値観があるし、生まれた時からの文化の違いというのは特別なものがある。自分も過去には海外に憧れ外国に住めたらなぁという気持ちがあったが今はまるでない。全体に内向的で陰湿な所もあるが日本に生まれているだけで幸せだと感じる。一二の三でウルトラマンの飛ぶ格好を真似すると日本人は必ず膝から落ちて飛ぼうとする。其れは元からの農耕民族は日本人だけだからだ。

 2,004年 9月 7日(火)
  台風であったがこういう日に限って残業、空手道の稽古に遅れて仕舞った。流石に今日は稽古生の人数が少なかったが急いで準備体操と基本稽古を遣って館長から上段回し蹴りについて御講義戴いた。
  同期の楠美さんは身体が超柔らかいので自分では信じられない足の曲がりと蹴りに柔軟性があって羨ましい。今日の楠美さん館長の御指導に依って鞭のように撓るような蹴りと速さを見いだし、何時もの蹴りと見違える程の素早い蹴りを放っていた。
  館長の空手談義の中で身体の柔らかい人が出来る変幻自在、見えない視界から来る防御不能の回し蹴りの話や極めの時の一押し、30cm向こうに放つ蹴り、その為の骨と練習を聞いて感動!自分には出来ないような種類の蹴りではあるが奥の深さと一つ一つ考えながら突き蹴りを遣る大切さが身に染みた。長い年月を掛けてでも 仙腸関節がずれない上段回し蹴りをできるように成りたいという目標を持つ事ができた。

 2,004年 9月 6日(月)
  本部で目覚め、本部を出て車に乗ったら胃が気持ち悪くなり吐き気がした。昨日の地震も一回目はびっくりして外に出てしまったが本部の2回目の地震はアルコールが入っていたせいもあるのか不思議と心は安静だった。本部の空間は気持ちが安らぐ空間だ。
  昨日の夜は津波も来ていたらしくニュースで仕切に放映していた。台風も大きいのが来ているし、上から下から天変地異が来るのを想像すると自然に対し人間はなんてちっぽけな存在だと思えて仕舞う。

 2,004年 9月 5日(日)
  朝、楠美さんの旦那さんが達ちゃんを連れてモーニングコール をしてくれた。相変わらず、夢うつつで一回では起きられなかった。一貴君を送って、アパートに帰って又一眠りするが気持ちが悪くなってきた。その後は、河川敷でのラグビーの練習、2チーム合同の練習で来週が試合でもあるので気合いが入っていた。このままなら初戦は勝利で飾れると思った。
  夜は本部の麒麟会に参加、二日連続で本部に泊まらせて戴いた。

 2,004年 9月 4日(土)
  朝起きたら12時半、何時間寝たのだろうか寝だめした。時間は遅かったが丸中の女将さんに特別に店に入れて貰い昼食を食べた。そして、今日 は神霊学研究会初級講座があった。何故、病気が起きるか、それは自分の油断や隙に原因が有る。其れを埋める事のできる自己浄霊は凄い。
  その後の麒麟会、今日は大人しく帰るつもりがお泊まりになってしまった。プリンさんに鍵まで渡され た。矢張り、今日は泊まる運命だ。一貴君と楠美さんの旦那さんが付き合って一緒にお泊まり。ここで寝ると気持ちが良すぎるので何時までも寝られる。名古屋の繭ちゃんも何時か泊まりたいらしく、泊まってみるとよく分かると思う。

 2,004年 9月 3日(金)
  今日の稽古では昇級の伝達式があった。無事昇級する事が出来て良かった。そして、 九級の免状の写真を空手メモリアルにアップ。館長が風邪でお休みになった。毎日のように会員の為に徹夜されているので疲れがドッと出たと思う。今回はたまにゆっくり休養して又、元気にな り講座をやって戴きたいと思う。

   2,004年 9月 2日(木)
  今日の朝は肌寒く感じた。窓を開けっ放しで寝ているので寒くて起きた。
  同僚の派遣社員の方が腰を悪くして立てなくなり、3日休んでやっと出勤できるようになった。台風の影響で気圧が低くなったのもあり、朝起きたら立てなくなっていたらしい。這って歩くほど大変な目にあったらしく可哀想だった。その人はコーヒーを一日10杯も飲む人なので原因はこの夏の極度の水分の摂り過ぎと事故の古傷が疼き気圧の低下で一気に来たと言っていた。人の事は言えず自分も水分は摂りすぎてしまう、何かが切っ掛けで一気に出るという事はよくある気がするのでやはり普段の食生活の大事さだと考える。その人は半断食のような感じでお昼を抜いていたし、顔色も良さそうなので安心した。

 2,004年 9月 1日(水)
  今日から9月、暦を見ると秋が迫っているのが分かるが未だ豊橋は暑い。今年は急に寒くなり冬が長い予感がする。
  この前、手の大きさ位の大蜘蛛を発見した。始めて見たので感動して携帯カメラに収めた。麒麟会で館長一志さんに見せた所、この辺ではざらにこのサイズはいるらしい。害虫を駆除してくれるのでそのまま家に同居しているがあの大きさが映画のスパイダーマンのように自由自在に動いていると思うと不気味である。

  2,004年8月 31日(火)
  今日で夏休みも終わって仕舞う。台風が一過して汚れた空気を持っていくの清々しい。でも未だ暑く夏はもう少し続くのかな?
 空手道の稽古では具体的な捌きと崩しの練習、最後に組み手を遣ったがなかなか約束組み手とは違って考えている暇もない。身体に染みこませなければ…

  2,004年8月 30日(月)
  今日は太郎さんの誕生日、おめでとう御座います。12時を回り、丁度ビームライトの麒麟会に参加させて貰ってよかった。楠美さんかもさんが感動的なバースデーケーキを作って来られて更に盛り上がった。
 二日酔いが酷い、自業自得とは言え阿呆だった。少しお酒を控えよう。やっとホームページのリニューアルアップが中途半端だけど始めた。トップの一ヶ月前に撮った向日葵の写真が悲しい…

 2,004年8月 29日(日)
  小雨が降っていたが河川敷でのラグビーの練習、試合が近いので気合も入るが今日のような雨の日はドタキャンが多い。先輩にアドバイスを貰うが頭で分かってもいても体が動かない。空手と一緒で運動神経と頭をフルに活用しないと追いついていかない。夕御飯に一楽飯店にラーメンを食べに行く事になり、駅前に向かった。あのラーメンの味に嵌っている。
 ビームライト講座の麒麟会に参加、完全に飲み過ぎ...

 2,004年8月 28日(土)
  一日をだらだらと過ごして仕舞った。丸中食堂で天麩羅定食を食べ、本部で光講座を受講させてもらった。今日のテーマは腰痛の原因は水分の摂り過ぎが最近は多いという事や御飯食べるのをただ勤めのように食べずに美味しいという思いや感謝の気持ちで食べれば活性が上がるし、力になると言う事。実技では関節の愁訴をとる方法を教わった。
 麒麟会は何時ものように盛り上がって飲み過ぎた。

2,004年8月 27日(金)
  空手道の稽古、合宿が終わって反省を糧として稽古に臨む事で気合いも入る。館長から自然と同調をする事、常に状況判断を 的確に行う事を教えて戴いた。合宿の組み手でコンクリートの部分で転んだら痛いだろうなとは考えたけど坂の上にいるか下にいるか、地面の起伏を見る事で全然戦術は変わってくる。其れを気付けなかった。「肉体は大自然と調和する」の言葉の通りだと思う。酸欠状態の呼吸の仕方も教えて戴いた。
 MUのサラちゃんのHPが出来た。歴史が紐解かれて行くかもしれない…考古学者は穴を掘ったり海の底を探すよりこのHPを見た方が一番勉強になる。テレビで丁度MUの事をやっていて「そんなの知ってるよ!」って得した気分になった。

 2,004年8月  26日(木)
  仕事を終えて、空手道の稽古生の大久保君と一楽飯店にラーメンを食べに行った。一楽飯店のご夫妻は自分の事を覚えていてくれて感激だった。大久保君と世間話をして帰ってきた。豊橋に竜巻が起こった事があるがその時彼は小学生だったと言う。自分は大学生だったがこうやって年代が違うとも話が出来るのは嬉しい事だ。でも、そんなに年が違うなんて思っていなかったのでちょっとショック。ラーメンは何時ながら絶品だ。

 2,004年8月  25日(水)
 丸中食堂で開かれた聖士會館納涼会は盛大だった。趣向を凝らした芸も良かった。由美さんかもさん楠美さんによるフラダンスは最高だった。アンコールでもう一回いそいそ出てきて踊ってくれたのも盛り上がった。佐久間さんや土屋さんのとんちの効いたクイズ、自分のクイズも中々盛り上がって良かった。丸中の女将さんの作るお料理も最高で薬も絶好調に美味い。
 その儘就寝、幸せな一時だった。

 2,004年8月  24日(火)
  今日には打撲の腫れがだいぶ引いてきた。ご飯を食べずに会社で過ごし、空手道の稽古の前に玄米御握りを食べたせいか調子が良い。やはり、回復力を早めるには食生活が決め手だと思った。道場に行って由美さんに合宿でのもえちゃんとの遣り取りの事を言われ、自分は恥ずかしいが可笑しいらしくネタになってしまった。そのような合宿の余韻をまだ残して居て気が引き締まり合宿で色々と気付く事が多くて勉強になった事を思い出す。
 基本稽古が合宿の時より今日は調子が良く、体も切れているような気がする。自分は未だ軽かったが、激しい疲労や打撲をものともせず稽古を続ける聖士會館の稽古生は凄いと思う。
 館長には合宿が終わった後に丸中食堂で思わず薬を飲んだのがばれており、ふくらはぎが腫れ上がった原因はその為だと流石にばればれだった。誰にも言わず、黙っていたのに見抜かれてしまった…此からは昇級試験の前の日と後の日は飲酒厳禁だと心に言い聞かせた。
 今日の館長の御指導では、合宿の組み手についてだった。無力化すると言う事を組み手になると忘れてしまうと言う事であった。折角遣っている同側同調を含めた捌きを忘れ、後ずさりする儘に技を受けていた。無力化するポイントをずらされると相手は転ばない方向に耐えようとする。そうすると其処に更に無力化している反対の力が働いているのという御指導を戴いた。其の反対の力を利用すれば相手は力を加えずにして、メビウスの小さい輪を描けば相手は倒れる傾向にある。その仕組みと捌き、崩しの練習に終始励んだ。組み手の感触が残って居て何となくイメージは膨らんだ。他にも下突きや鍵突き(振り突き)の聖士會館空手流の進化のポイントの一つを教わり、肋骨への打撃は重力がかかる上から下よりも下から突く方が有効だと言う事を御指導戴いた。実際に遣ってみて館長のその様な具体的な感覚というのは凄いし間違いがない。

 2,004年8月  23日(月)
 里芋パスタの御陰で一寸は楽である。男は陽性だからか打撲しても黒くならない気がする。由美さんかもさんは打たれた所が黒ずんでいて痛そうだった。女性は陰性なのでそう言う傾向にあるのかなと思った。
 雨の日はよく寝られる。会社から帰ってきて一眠り、起きたら2時を回っていた。合宿の御礼と溜まっていた日記を書いてもう一回就寝。

 2,004年8月  22日(日)
 空手道合宿 二日目、昨日の飲み過ぎで朝のマラソンが溜まらなく辛い。自分からビールが抜けて行くのが分かり、後半は復活してきた。朝食を山荘で摂ったが向かいのもえちゃんは「組み手の前なのにお魚食べて良いの?」と聞かれた。流石もえちゃんだなと思ったし、純粋な思いに感激、そして自分が如何に隙があるかドキッとした。だから、魚を食べるのを辞めた。
 キャンプ場に着いて昇級審査の体力テスト、この前よりも成績が悪い気がする。何より体が重くて仕様がない。逆立ちも2,3歩進んで終わってしまった。
  組み手の審査は、稽古で練習してきた事が飛んでしまい、力業になってしまった。相手の中心力が戻った時に捌き、崩しをやっても全く無意味だと痛感する。無力化する事、無力化するポイントを見極める事が技を掛ける前に大事な事だ。組み手が終わりホッとした。カレーは美味しかったが体の力が抜けて右足が腫れてきた。館長がスイカを食べれば水気が多くてもっと腫れるよと 仰っていたが沢山食べてしまった。スイカの種も噛んで食べれば若干は、ましらしいが帰りには1.5倍に膨れあがった。右足の内ふくらはぎなので、左からの下段回し蹴りの防御が出来ずに流れて来た蹴りを貰っている。
 演芸大会では以外に元気に動けて自分達の芸もまあまあうけて良かった。永ちゃんショーも最高だった、森の中で聞くバラードも心に響く。
  家に帰り、肝腎要の肝臓と腎臓、そして右足患部に里芋パスタを貼って寝た。
  二日目間、館長や小島相談役をはじめ、美味しい料理を作って戴いた御父兄の方々の協力があって合宿が成立する。本当に有難う御座いました。

 2,004年8月  21日(土)
 空手道合宿初日、佐久間さんの車で岡崎の現場まで向かった。行く途中で運動靴を忘れた事を気付き、色々店に寄って貰って迷惑を掛けた。筆記試験が初日に抜き打ちであり、泊まるところで勉強しようと思っていたから甘かった。不利な状況でも対応できなければならないと言う事、普段からそう思っていれば用意も出来る筈だと反省した。
 料理の焼きそばは父兄の方達が作ってくれ自然の中で食べると余計に美味しかった。館長と稽古生で机を囲んでの麒麟会、森の中での講座をやっているようで麒麟が進む。
  一日目の日程を全てを終え、山荘に上った。風呂から上がり、小島相談役と岩田さんがビールを買ってきて麒麟会。またまた飲みすぎてしまった…

 2,004年8月  20日(金)
 今日の空手の稽古は合宿の前日であるので形や基本稽古、昇級審査の準備などに時間が充てられた。演芸大会は青年7人の大所帯だが遣る事は学芸会みたいであまり面白くないかもしれない…だけど本部道場としてやるのだし、やるならぴしっとやりたいと言うのがある。大の男が集まって何遣ってるんだ…と言われないようにしたい。
  稽古が終わって佐久間さんと世間話をした。佐久間さんは自分達にとって、もう既に兄貴のような存在であり、何時も支えて貰っている。生意気な自分に助言を与えてくれたり、大きな優しさで包んでくれる人でもある。佐久間さん聖士會館への再会、そして空手道の再入会した時の思いを聞いて、今まで何があっても純粋にそして素直に物事を受け止める人だから出来たのだと思った。そんな先輩がいて自分達は幸せだ。
  明日から合宿、去年から一年を過ぎるのが早い気がする。自分の成長の場、そして心を磨く場としてまた、精進させて戴こう!

  2,004年8月 19日(木)
 今日は浩さんの誕生日、おめでとうございます。昨日の麒麟会での赤川さん夫婦のチューを思い出して一日中、終始ハッピーになれた。あのチューは僕には刺激が強すぎる…麒麟会が盛り上がり過ぎてというか一人で飲みまくってしまい、終盤殆ど記憶なしの状態だった。会社がある事さえ忘れていた。朝、楠美さんに3回も電話して貰い、やっと起きる事ができたが結局は2度寝で館長に起こして戴いた。寝るというのは正に意識不明の重態状態であり、何が前の日にあったかすら忘れてしまうので辛い。
  普通なら二日酔いで廃人のようになるのだが本部を出ても調子が良い。何故か分からないが朝から絶好調だった。そのまま絶好調は続いて夕方、館長一楽飯店に誘われ、絶品を御相伴に預かりに行った。濃厚な野菜スープが忘れられなく、こっそり来ていたが奥さん旦那さんの威勢の良い声と笑顔がこの飯店の売りだと思った。それにしてもあのラーメンは絶品だ。
  しこたま飲んで食べて御馳走になった。聖士會館のメンバーはこの後本部で2次会らしい。私は消防団の定例会があり、又飲んだ。飲み助はやっぱ駄目になるかもしれない。

 2,004年8月  18日(水)
  仕事が終わり、今日は神霊学研究会の特別講座があった。何時もと変わった切り口からの講座で勉強になる。魂の浄化の言葉のように自分自身の心の悪魔を追い出す事が原点であり、一寸したものに感動したりする心は自然と調和、そして会話する事なのだと気付かされる。
  人の傷みが分からないような世の中というのは苦労をしていない人間の集まりであり、それを知れば人の傷みが分かるから人に同調できるという事でもあると気付く。宇宙の意味は大きな家であり、その大きな家の中で点でもいいから光るという事というのは凄い事だ。
  館長の時間の感じ方というのを少しだけ講座の中で理解できた。同じ時間でも宇宙に行って帰ってきた時間と地球で過ごした同じ時間はどちらも同じ時間では無いという事。宇宙に行った人間は時間を経験としては他の人の何倍もの経験値だが、時間的には短く感じるというか実際に短い。何故と思うかもしれないが、事実若返りの人や年を取らない人はもう既に超越している。学校で習ったアインシュタインの相対性理論はあまり理解出来なかったが、相対性理論さえ簡単にそうだったのか!と思える程に超越した考え方だ。そういうような考え、思う事で魂も浄化するから不思議だ。

 2,004年8月 17日(火)
  盆明け始めての空手道の稽古、形の稽古をし、自主稽古と合宿での演芸大会の準備をした。合宿前でもあるし、人数が大勢いて賑やかで父兄の人達も集まって打ち合わせをしてくれている。自分達が合宿をできるのも父兄の人達が段取りや準備をしているからだと忘れてはいけない。
  演芸の練習をして早めに上がらせて貰った。学生が休みの帰省でいないので代わりにN病院ににて一時間毎のガスのメータ測定をした。一時間という時間は直ぐにやってくる。手伝いとアルバイトにもなって一石二鳥。

 2,004年8月 16日(月)
  今日から仕事、何時もののんびりモードの職場だが今日の自分は何時になく気合いが入っていたので午前中に優先の仕事を大体終えた。こうすると余裕が持てるので効率も良い。
  家に帰って玄米スープを作ろうとして台所の棚を開けると、米の紙袋に小さな穴が空いているのを発見。口が尖ったアリクイの小さいようなやつが無数に中に住んでいた。その幼虫も居て、ざるに空けて振ると糠と虫がいっぱい出てきた。暫しその虫達と格闘した。今月は家に居る事が少なく、今頃気付いた…
  虫がつくということは農薬が薄いという事かと変に納得して虫との格闘を終了した。

 2,004年8月 15日(日)
  高校野球でも終戦記念日に対して黙祷が捧げられる。お盆のこのような習慣は日本全体が少し浄化されるような気がする。合宿が終わってから、あまり調子が良くない。やはり、食べ過ぎと飲み過ぎだと思う。食べ過ぎというのはまた、食べ過ぎを加速させる。去年は平気でこれを繰り返していたので怪我もする。
  正常化するには元気学園で教わったように断食が一番よく効く。2,3日断食する事にした。
  オリンピックを見ていて寝不足、日本人が金メダルと取ってくれたり、頑張っている姿を見ると矢張り嬉しい!

 2,004年8月 14日(土)
  今日は静岡の代表チームと試合。身体が自分達より一回り大きい。僕の対面は白人の外国人で上にタックルに行ったら、弾き飛ばされた。身体の大きいプレーヤーや力任せに来るプレーヤーには下にタックルに行くのが基本だ。だから最初のファーストコンタクトで相手がびびって居るのかそうでないか判断できるので、そういう意味では基本を忘れた。次のプレーからは下にタックル、実際低いタックルは相手の足を止める。
  試合内容は攻め手を変える前に前半だけで終了でストレスが溜まった。もう一つのチームが後半で出場、ペナルティの多い荒れた試合になってしまった。確かに今日の試合は途中寝ている時に腹をワザと蹴る奴がいるわ、故意的なファールをする人間はいるわで汚いプレーの連続だった。ラグビーではそういうプレーが日常茶飯事だが、そんなプレーが上手いとされる風潮がある。そんなプレーをしなくても本当に上手いと呼ばれるプレーは気力と体力が充実していれば出来る筈だが社会人になると体力がないのでせこくなってしまう。
  試合で方向性を決めるのは自分の仕事なので早いうちに攻めてと起点を変え、修正をしなくてはと思った。9月からリーグ戦が始まるので勉強になった試合でもあった。
  帰りは帰省渋滞に巻き込まれた。誰も大きな怪我もなく山を下りる事ができたのは幸いだった。一番の功労者は試合をやって疲れているのに運転してくれる人達だ。

 2,004年8月 13日(金)
  車に乗っていた疲れもなく朝から練習参加。人数が少なく2チーム合同での練習。山に登ると身体が軽く感じ、動き易い。午後からは2試合をこなした。長野県菅平には学生の頃から幾度となく上っているが、下火のラグビーもここに来るとメッカでラグビー部にしか見えない人が沢山歩いている。
 試合内容はまあまあでチームのペースと自分の課題も分かった来た。課題を見つける事ができたのは大きな収穫だった。人数さえ集まれば今年はいい結果を残せるような気がする。

 2,004年8月 12日(木)
  夜から神霊学研究会の特別講座に参加させて貰った。楠美さんの旦那さんとペアを組ませて貰って膝が温かくなった。これで合宿も怪我なく乗り切れそうだと思った。
 麒麟会に後ろ髪惹かれながら、その後ラグビーの合宿に長野県の菅平まで向かった。名古屋を深夜2時の出発で朝6時位に着いた。天気は超快晴。折角、山に登っても豊橋と変わらない温度になりそうだ。運転手は不眠でお疲れ様、有難う。

 2,004年8月 11日(水)
 こうやって毎日のように暇だと自分が如何に仕事以外に遣る事がないか分かる。今日も会社の同僚に声を掛けてコーヒーを飲みに行った位だ。後は聖士會館の人達のホームページ閲覧、自分と違って皆が如何に活動的に動き、目的を持って動いているか分かる。
  13,14日はラグビーの合宿で長野まで行く事になっている。21,22は空手道の合宿。高校生のような生活だが、今できる事はその準備と稽古、練習位しかないかな…

 2,004年8月 10日(火)
  昨日から先輩が自分ちに泊まっていったのでそのまま一宮町の温泉に行く事になった。休み期間中になっているが一般的には平日、混んでいないので気楽だ。日帰り温泉の店先に地場で採れた野菜が並んでいたので茎付きの生姜を買った。自分の発想が「これはつまみになるな!」というのが全てだと気が付く。生姜は 八丁味噌につけて食べると美味しい。
  夕方に公園でジョギングをして空手道の基本稽古をした。ジョギングしながら複式呼吸をするのは難しい。公園でブランコに乗って無力化の実験、最小限の力でブランコを揺らすには重力加速度がゼロになる瞬間に少しの力を加えると加速して行く。調子に乗って遣りすぎて飛び出しそうになった。メビウスの展開は特にだが、一回加速したものというのはなかなか止まらない。メビウスで加速した物はメビウスで減速させるのが一番収束しやすいと思う。
  汗を掻いて薬の欲求に負けてしまい、連日連夜、先程買った生姜をつまみに飲んでしまった…

  2,004年8月 9日(月)
  だらだらと一日を過ごしてしまった。こういう日の一日というのは勿体ない。
  ホームページを作成を遣っても上手く進まない。夜にはラグビーの連れと飲み会、昨日の二日酔いが祟ってあまりお酒が勧まない。肝臓と腎臓が腫れているので控えた。

  2,004年8月 8日(日)
  朝からラグビーの練習、合宿前であるが全体的に体力がない。長野の菅平に行って合宿するが間に合うか心配だ。ラグビー人口の減少でどうしても豊橋のメンバーだけでは組めず、名古屋のメンバーやわざわざ静岡から来てラグビーを遣る人もいる。今日は3チーム合同での試合形式の練習だったが浜松と名古屋のクラブチームを合わせて30人弱、朝早いのもあったが寂しい人数だ。
  練習後、2チーム合同で名古屋まで飲みに行った。飲み放題コースで馬鹿な先輩が酒を煽りだして自分のペースで飲めない。あまり良い酒にはならず、先輩の愚痴とストレス発散のだしに使われた。先輩も寂しい人ではあるが何時もこんなだと考える…おかげで二日酔いが激しすぎる。調子に乗ってチャンポンしたのもまずかった。

  2,004年8月 7日(土)
  最近暑さも和らいで来た。夜には風が吹くのでよく寝られる。
 今日はボーとした一日だった。遣る事がないので狂ったように掃除をしまくった。
  丁度テレビをつけたら、子宮筋腫と判断された若い女性が呼吸困難に陥って死んでしまったというドキュメンタリーを遣っていた。結局癌だったが、子宮筋腫はレントゲンで撮っても良性なのか癌なのか分からないと言う。判断する方法は生理痛がもっと痛い時もう一度病院に来て下さいねとか曖昧な物。西洋医学の判断ではこの程度しか残念ながら判断出来ずに命を落としてしまう、悲しい現実だ。子宮筋腫ですら食生活の改善で切らずして絶対に治る筈であり、館長は切らずして治す。切ってしまったら患部は治っても腹中の絶妙に保たれた圧力やバランスというものが崩れ、お腹の中の宇宙は壊れてしまうという。
  自分の母親は私が中学生の時に子宮筋腫の瘤を取った。身体はその時は楽になったかもしれないが今になって弊害が出てきている。一度、聖士會舘で測定してもらうのが自分の目標だ。親にも宗教と言われたり、色々と理解されない事も多いが少しずつでも歩みが必要 だと思う。

  2,004年8月 6日(金)
  昨日の夜、空手道の昇級審査の作文を書かないで寝てしまったので、休憩時間、昼休みと合間に書いたが終わらなかった。丁度会社の慰労会が豊橋であったので始まる前に何とか書いた。慰労会は豊橋が一望できる石巻山での会合だった。山に入るとクーラーがなくても自然の風が吹いて気持ちが良い。皆は泊まりなので飲み放題で飲むらしい。私は空手道の稽古と昇級審査の作文も提出する為に早めに下山。夜景を見られたし、お風呂にも入ったし 、来た甲斐はあるだろう。
 道場では合宿に行う演芸大会の準備をしていた。今年は青年男子が7人も居て賑やかなので嬉しい。北岩田支部の浩さんは望年会の準備をもう考えているらしい。その前に今年の合宿でも永ちゃんショーが自分にとって楽しみの一つだ。会社から休みの通告を貰ったので明日から又、暇人の夏休み。予定がぽっかり空いてしまった…
 e手帳のメールが送信は受け付けるが受信ができない状態が8月2日から続いている。佐久間さんは納涼会の幹事なのでメールで出席を出した人に返信が出来ないと焦っていた。幹事も色々と遣る事が多いし、「返信がない。」と心配している人達の事も考えてしまうので大変そうだ。早くサーバーが回復すれば良いのに…

  2,004年8月 5日(木)
  自分の事を嫌うと身体に力が入らない。何となく鬱というのはこういうような状態が続く事なのだ分かる。朝から館長にメールを戴いて一言で救われると言う事が実際にあるのだと思った。丸中の女将さん館長はそんな事を含めて叱ってくれる。本当に有り難い。でも、いい年をしてそれが甘えなのだから自分自身成長しなくては。
  仕事が終わり、丸中食堂に一寸顔を出し、本部に向かった。本部は何時ものように賑わっている。昇級審査の作文を書かなくてはいけないがお誘いを断れず、麒麟会に参加。暑い時には鍋は最高でに味噌鍋を御馳走になり、薬が妙に美味かった。やはり本部で飲む薬が一番美味い!でも作文は書いて居ない…

  2,004年8月 4日(水)
  自分にとって身内くらいに感謝しなくてはいけない丸中の女将さんに対して、自分は飛んでもない口を聞いてしまった。自分の何とも思わないような思いやりのない発言、そしてそれを最後まで気付かなかった自分が情けなくて仕様がなかった。同じ事を館長にも言われた事がある。自分には傲慢、人を思いやれない所がある。格好なんてつけてないでそれを正す事が聖士會舘で勉強する前に遣るべき事だ。こんな中途半端だったら本質の意味は何も変わらないし聖士會舘で勉強している意味もない。
  今日という日を絶対に忘れないようにしたい。一番気を遣わなくてはいけない人に対して気を遣えない。他の人に遣っている気は偽善、もう一回ゼロからやり直す。自分の始まりはこの馬鹿みたいな性格を変える事から。

  2,004年8月 3日(火)
  私の職場は年代も若い人やベテランも居て結構バランスが取れていて良い人が多い。自分の上司の課長は苦労人で朝早く来て一番最後まで残っている人で人間的な人でもあるので好きな人だ。和気藹々ではあるがプレッシャ ーが薄いのが短所かもしれない。
  派遣社員が招集され、お盆休みを貰ったというか実はあまり欲しくなかった。所詮時給の歩合制なので会社の経営を安定化する為に人材派遣の人間は自由に使われる。暗い事を言っても仕様がないのでホームページをリニューアルするチャンスと考える。夏休みの宿題を早くやらないと終わりには痛い目を見るのが関の山。宿題はお早めに!
 残業で空手道の稽古に遅れて出た。終盤に蹴上げや柔軟の稽古があるが柔軟性を上げると遙かに柔軟をやる前より足があがる。足を広げた前屈で館長由美さんの上に乗ってご指導するとキーキー言うので笑えてしまった。おかげで由美さん館長に上に乗られ胸まで着きそうな位柔らかくなった。凄い!

  2,004年8月 2日(月)
  会社に行ったら机の向かいの同僚の子が携帯電話を買ったというので見せてもらったら、全く同じ機種、同色。「なんでやねん。」て笑ったが同時期に何も情報もないのに凄い確立だ。近くに居る人間は同調するのかとすら思ってしまった。
 最近の癖で布団で寝るよりそのまま寝っ転がって寝るのが気持ち良いし、目覚めが良い。
 ホームページをリニューアルしたいけどなかなか進まず苛々する。目標を決めてやるようにしないと何時までも終わらない。

  2,004年8月 1日(日)
 今日で元気学園が最後の日、3日間空腹と暑さに耐えて砂に埋まっている人達は凄い!
 朝は消防の大会で午後から元気学園に参加!今日が3日間の中で一番暑い。スタッフは日焼けが激しいのでコーラ湿布で火傷を冷やしていた。
 稽古着を着て海での写真撮影、佐久間さんと約束組み手を館長に撮って貰った。中には自分ではないような良い写真も撮れてホームページをリニューアルする時にでもアップしたい。そして夜は講座と実技指導に参加させて戴いた。皆が砂に入って最高に健康になっているのに自分が一番不摂生で不健康な気がした。実験台になり、左手と耳の反射の治療でだいぶ楽になった。
 この3日間元気学園に参加する事ができ良かった。勉強になったし、何より一生懸命に健康を目指す人達や協力して助け合うスタッフに感謝したい。

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー
blog練習用